Japan Practice

Clayton Utz has an unrivalled reputation with a wide range of Japanese clients for providing premium legal advice for operating in the Australian market. 

Our dedicated Japan practice group is centred around lawyers who have experience acting for many Japanese clients, having previously worked for leading Japanese law firms, which has given us a thorough understanding of Japanese cultural principles in conducting business.

Our history of delivering high-quality services as one of the leading full-service law firms in Australia, and relationships with notable Japanese law firms, have enabled us to provide top-tier legal services to Japanese corporations and Government entities over many years. 

We have lawyers with a broad range of expertise, knowledge and experience to advise and support Japanese clients in assessing opportunities and conducting business in Australia. 

Read More

Clients know they can rely on us to provide strategic legal advice to ensure their business growth in Australia is as easy and successful as possible. 

Learn more about how our team can assist Japanese clients meet their business objectives in Australia. (PDF 4.8MB)

Doing Business in Australia Handbook - オーストラリアにおけるビジネス展開 (PDF 37.8MB)

For general enquiries in relation to services provided by the Japan Practice Group at Clayton Utz please contact:

T: +61 7 3292 7599

E: Japan.group@claytonutz.com

Experience

Below are some recent matters and transactions to demonstrate the broad capabilities of our Japan Practice Group.

Corporate advisory / Mergers and acquisitions

Software developer: We acted for a Japanese software developer on its acquisition of a Melbourne-based software company in April 2017.

Industrial and engineering: We acted for a Japanese well known industrial and engineering corporation on its acquisition of a cross border company from desalination and industrial water treatment industry.

Life insurance: We acted for a Japanese life insurance company with its acquisition of an Australian life insurance and wealth management company.

IT services and development: We acted for a Japanese IT services and development company for its acquisition of an Australian IT services company by way of scheme of arrangement.

Industrial gases and plastics manufacturer: We acted for a Japanese industrial gases and plastics manufacturer with its competitive bid to acquire an Australian LPG and specialty gases business.

Human resources: We acted for a Singapore subsidiary of a Japanese human resources company on its acquisition of an Australian human resources business. 

Hospitality, property management: We acted for a Japanese hospitality and property management company of a group of companies carrying on the serviced apartment business.  

Transport/Logistics: We advised a Japanese Government owned company on its acquisition of an ASX-listed large logistics company by way of scheme of arrangement.  This matter involved advice in relation to the acquisition strategy and procedure of the ASX-listed company by way of scheme of arrangement, dealing with various regulators including the Australian Foreign Investment Review Board, phased due diligence on the target company, documentation of and advice on transaction documents, negotiation for the sell side and advice on its post-acquisition management integration.

Manufacturing: We advised a Japanese car manufacturer on the incorporation of its local subsidiary and set up of its car dealership network in Australia. This involved advice on establishment of multiple franchising arrangements with various car dealers, while taking into consideration competition and consumer law implications, car dealership regulation and related laws.

We also advised a Japanese construction machinery manufacturer on its acquisitions of multiple companies, including a nationwide construction machinery distribution network and subsequent restructuring of the Australian business. These matters involved due diligence, internal legal audit, documentation and negotiation of transaction documents, advice on Foreign Investment Review Board approval and structuring advice on the acquisition.

Retail: We advised a public Japanese retail holding company on setting up operations in Australia.  We also advised a Japanese retail company in relation to its proposed acquisition of Australian retail business.  This involved due diligence on the target company, documentation and negotiation of transaction documents.

Water: We acted for a Japanese Government owned investment company in relation to a Japanese consortium acquiring a major Australian water utility company and its affiliated companies. This matter involved providing complex and strategic investment advice on the acquisition structure including compliance with requirements under Japanese law.

Agriculture: We advised a listed Japanese food business company on its bid to acquire food and agricultural businesses under voluntary administration and receivership in Australia. We have also advised a Japanese company on the acquisition of a tomato farming business and an Australian food manufacturing business in Victoria.

Education: We advised a Japanese childcare and education provider on the acquisition of two Australian childcare businesses and the post-acquisition management.

Apparel: We advised a Japanese sporting goods manufacturer on its bid to acquire a major Australian apparel company.

Industrial Gas: We advised a major Japanese industrial gas company on its acquisition of an Australian distribution company of industrial gases including LPG. This matter involved due diligence on the target company, documentation and negotiation of transaction documents and arrangement of warranty and indemnity insurance for the sale and purchase agreement.

Electronics: We advised a major Japanese electronics manufacturer on the restructuring of its Australian business operations.

Energy and Resources

Hydrogen energy: We advised a major Japanese heavy industry manufacturing company on its hydrogen energy supply chain development project in Australia. This involved extensive research and advice on various licensing requirements including those under environmental regulation and documentation for an engineering, procurement and construction (EPC) agreement. In this matter, we also advised in relation to pilot plant construction, the structure of the consortium, intellectual property licensing issues in relation to new energy development, various technology licence agreements, government funding and labour law issues in the resources and construction industries.

Alternative energy: We advised a publicly listed Japanese conglomerate on the acquisitions of forestry and wind farm assets in Australia.

Iron ore: We advised for a listed Japanese steel company in relation to a number of iron ore and coking coal investments being undertaken in Australia.

Liquefied natural gas (LNG): We acted for a major Japanese power company and a major Japanese gas company on a large-scale LNG project in Australia. This matter involved legal due diligence on the acquisition of upstream interests and execution of long-term sales agreements in co-ordination with advice on negotiation strategy.

Rare earth: We acted for a Japanese Government-affiliated agency and a Japanese trading house in its investment and finance in relation to rare earth mine development in Australia. The matter involved comprehensive due diligence on relevant assets, documentation and negotiation of project agreements and dealing with various regulators including with the Foreign Investment Review Board.

Uranium: We acted for a major Japanese power company and a major Japanese trading house in relation to a uranium project in Australia. This involved extensive due diligence on project assets as well as negotiation of project agreements.

Financial services: We have assisted Japanese financial institutions with facility agreements and securities on various types of finance transactions. This includes drafting and advising on relevant transaction documents such as facility and security documents, stamp duty, enforceability of securities and Personal Property Securities Act issues.

We have also acted for a major Japanese trading house on the restructuring of its asset financing in relation to mining equipment used on mines in Australia. This matter involved documentation of relevant documents, support for procedures to grant personal property securities and advice on its negotiation strategy.

Business start-up: We advise Japanese companies from a wide range of industries on their start-up of Australian businesses. This includes advising on regulatory issues, the appropriate business structure, various legal issues concerning establishment of a company, drafting a constitution and other legal documents and submission of ASIC forms.

Product liability: We advise various Japanese manufacturers and insurance companies on product liability and product recall issues in Australia as well as supporting manufacturers and insurance companies against various product liability litigation.

Pharmaceutical: We advise various Japanese pharmaceutical companies on various regulatory issues in relation to the marketing and distribution of their pharmaceutical products in Australia.

Hotel and resort developments: We have advised Japanese property developers on their acquisitions of hotels and resorts in Australia. These matters involved phased due diligence including environmental due diligence, advice on environmental approvals and documentation and advice on transaction documents in relation to acquisition finance.

Litigation and Dispute Resolution

Legal proceedings: We act on behalf of Japanese companies to support them in relation to various litigation.  As one of the recent cases, we acted for a Japanese company possessing a resort business, to address a wide variety of environmental issues including court proceedings commenced by an Australian environmental authority.  This matter involved implementation of comprehensive investigation on various environmental issues, advice on the strategy planning and its implementation against the governmental authority, negotiation with the governmental authority and implementation of various procedures including the litigation against the ministry of environment on behalf of that Japanese company.

Employment dispute: We support local subsidiaries of Japanese companies in relation to various types of employment disputes.  These matters include a termination of locally-hired chief executive officer, which involved confidential investigation of directorship and employment status, strategic planning of the termination strategy and attendance to the termination discussions and negotiation with the director.

Debt collection: We act for major Japanese financial institutions and manufacturers on collection of debts from Australian companies under administration and/or receivership.  This includes examination of the financial condition of those companies, negotiation with administrators and/or receivers, planning and implementation of debt collection strategies and support for attendance by proxy at creditors' meeting. 

当事務所の特徴

クレイトン・ユッツ法律事務所では、日本の大手総合法律事務所での実務経験と実績を有する弁護士を中心とした日本プラクティス・グループが日本のクライアントに対して質の高いリーガルサービスを提供しており、日本のクライアントから幅広くご支持を頂いております。当事務所は、オーストラリアの独立した法律事務所として高いクオリティを維持しつつ、日本の著名な法律事務所と良好な関係を築いており、長年に渡り日本の企業及び政府機関に対してトップレベルのリーガルアドバイスを提供し続けています。

当事務所は、オーストラリア有数の総合的な法律事務所として、オーストラリアにおけるビジネスを容易かつ円滑に進めることを法的に支援することができる専門性、知識及び経験を備えた弁護士を多数擁しております。

当事務所では、オーストラリア全域をカバーし、様々な法分野をリードする専門家がリーガルサービスを提供致しております。とりわけ、日本の大手総合法律事務所で日本法弁護士としての実務経験を有する日本人弁護士が、オーストラリア弁護士としての資格と経験も備えた上で、現地で日系企業をサポートする体制をとっていることが当事務所の大きな特徴と言えます。これに日本の法制度、言語及び企業文化について十分な知識と理解を有するオーストラリア人弁護士陣も加わり、熱意に満ちたチームが日本企業のオーストラリアにおけるビジネスを力強くサポートいたします。

このように、専門知識、経験及び熱意を有する当事務所は、日豪間の法制度や企業文化、言語のギャップを埋めつつ、常に日本のクライアントに満足していただけることを目指して、質の高いリーガルサービスを提供しています。

当事務所が日本のクライアントをサポートしている分野は、企業法務/M&AFIRB(オーストラリア外資審議委員会)の許認可手続を含む)、ファイナンス、金融規制、エネルギー・資源、建設・大規模プロジェクト、不動産、保険・製造物責任、訴訟・紛争解決、競争法、雇用・労働関係、アグリビジネス、知的財産権、税務など、広範にわたっています。

日本プラクティス・グループが実際にサポートした主要な案件については、下記「経験と実績」の欄をご参照ください。

経験と実績

以下では、当事務所の日本プラクティス・グループの様々な経験と実績のうち、最近取り扱った案件の一部をご紹介しています。

企業法務 / M&A 

ITソフトウェア開発: 日本のITソフトウェア開発企業を代理して、オーストラリアのメルボルン市に拠点を置くBI(ビジネスインテリジェンス)ソリューション提供会社の買収に関してアドバイスを行いました。

産業・エンジニアリング: 日本有数の産業・エンジニアリング企業を代理して、世界で海水淡水化・産業用水処理事業を展開するグループ持株会社の買収に関してアドバイスを行いました。

生命保険: 日本の生命保険会社を代理して、オーストラリアの生命保険・資産運用会社の買収に関してアドバイスを行いました。

ITサービス・開発: 日本のITサービス・開発企業を代理して、オーストラリアのIT関連サービス提供会社の調整スキーム(scheme of arrangement)による買収に関してアドバイスを行いました。

産業ガス・プラスチックメーカー: 日本の産業ガス・プラスチックメーカーを代理して、オーストラリアの産業ガス・LPG会社の買収に関してアドバイスを行いました。

人材派遣: 日本の人材派遣会社のシンガポール子会社を代理して、オーストラリアの人材派遣会社の買収に関してアドバイスを行いました。

不動産管理・運営: 日本の不動産管理・運営会社のシンガポール子会社を代理して、オーストラリア・ニュージーランドにおいてサービスアパートメントの管理・運営事業を展開するグループ会社の買収案件に関してアドバイスを行いました。

運輸・物流:日本政府所有企業を代理して、オーストラリア証券取引所(ASX)上場企業である物流大手企業の調整スキーム(scheme of arrangement)による買収に関してアドバイスを行いました。具体的には、調整スキームによるASX(オーストラリア証券取引所)上場企業の買収戦略と手続に関するアドバイスの提供、オーストラリア外資審議委員会(FIRB)を含む各規制当局に対する対応、対象会社に対する段階的デュー・ディリジェンスの実施、取引関連書類の作成及びアドバイスの提供、売主側との交渉、買収後の経営統合に関するアドバイスなどが含まれます。

製造業:日系大手自動車メーカーに対し、オーストラリアにおける現地法人設立及び自動車販売代理店ネットワークの構築に関してアドバイスを行いました。具体的には、競争法や消費者法、代理店規制法などの適用法令を踏まえた自動車販売ディーラーとのフランチャイズ体制の構築に関するアドバイスの提供などが含まれます。

また、当事務所は、日本の大手建機メーカーに対し、オーストラリアにおける全国的な建設機械販売店ネットワークの買収を含む複数の買収案件及びオーストラリア子会社の再編成(リストラクチャリング)案件に関してアドバイスを行いました。具体的には、デュー・デリジェンスの実施、内部法務監査、関連書類の作成及び交渉、オーストラリア外資審議委員会(FIRB)対応に関するアドバイスの提供、ストラクチャリングに関するアドバイスの提供などが含まれます。

小売業:日本の上場企業(小売業)に対し、オーストラリアでの新規事業に関してアドバイスを行いました。

水道事業:日系企業を中心としたコンソーシアムによるオーストラリアの水道事業会社及び関連会社の買収案件に関して、日本の政府系投資会社を代理しました。具体的には、日本法上の規制を踏まえた上での買収ストラクチャーに関する複合的かつ戦略的な投資アドバイスの提供などが含まれます。

アグリビジネス:日本の上場食品事業会社に対し、管財人(レシーバー)管理下に置かれたオーストラリアの食品及び農業事業(アグリビジネス)の入札手続きによる買収に関してアドバイスを行いました。

教育:日本の保育・教育事業者に対し、オーストラリアで保育事業を営む企業の買収とその後の運営に関してアドバイスを行いました。

アパレル:日本のスポーツ用品メーカーに対し、オーストラリアの大手アパレル企業の競争入札手続による買収に関してアドバイスを行いました。

産業用ガス:オーストラリアの産業ガス販売業者の買収案件に関して、日本の大手産業ガス企業を代理しました。具体的には、対象会社に対するデュー・ディリジェンスの実施、取引関連書類の作成及び交渉、株式譲渡契約に関する表明保証保険のアレンジなどが含まれます。

電子機器:日本の大手電子機器メーカーに対し、オーストラリアでの事業再編に関してアドバイスを行いました。

エネルギー・資源

水素エネルギー:日本の大手重工業メーカーに対し、オーストラリアにおける水素エネルギー開発プロジェクトに関してアドバイスを行いました。具体的には、環境規制などの各種許認可取得手続に関する包括的なアドバイス、パイロット・プラント建設に関する設計・調達・建設(EPC)契約書の作成及びアドバイス、新エネルギー開発に伴う知的財産権などの技術ライセンス契約に関するアドバイス、政府補助金取得に関するアドバイス、資源及び建設業界における労働法問題などに関するアドバイスの提供などが含まれます。

代替エネルギー:日本の上場コングロマリット企業に対し、オーストラリアの森林及び風力発電所地帯の買収に関してアドバイスを行いました。

鉄鉱石・原料炭:オーストラリアにおける複数の鉄鉱石及び原料炭プロジェクトの権益取得とプロジェクト参画に関して、日本の製鉄大手を代理しました。

液化天然ガス(LNG:オーストラリアの大規模LNGプロジェクト案件に関して、日本の大手電力会社及び大手ガス会社を代理しました。具体的には、LNGの上流権益の取得及びLNGプロジェクトからの長期売買契約の締結に関する法的調査、交渉戦略に関するアドバイスの提供などが含まれます。

レアアース:レアアース資源開発に関する投資及び資金調達案件に関して、日本の政府関係機関及び大手総合商社を代理しました。具体的には、関連資産に対する包括的デュー・デリジェンス、各種プロジェクト契約の作成及び交渉、FIRB(オーストラリア外資審議委員会)を含む様々な規制当局に対する対応に関するアドバイスの提供などが含まれます。

ウラン:オーストラリアのウラン開発プロジェクトの合弁事業案件に関して、日本の大手電力会社及び大手総合商社を代理しました。具体的には、包括的なデュー・デリジェンスの実施、各種プロジェクト契約の作成及び交渉などが含まれます。

ファイナンス

日本の金融機関などに対し、様々なタイプのファイナンスに伴うローン契約及び担保設定に関するアドバイスを行っております。具体的には、ローン契約及び担保契約のドラフト及びアドバイスに加え、印紙税に関するアドバイスや担保権の実行手続を確保するための関連手続などに関するアドバイスを提供しています。

当事務所は、動産担保法(Personal Property Securities Act)に関するアドバイスについても多くの経験を有しています。その1つとして、日本の大手総合商社に対し、オーストラリアの鉱山で使用される採掘機器に関するアセット・ファイナンスのストラクチャリングに関するアドバイスを行いました。具体的には、関連書類の作成、動産担保設定手続に関するサポート、交渉戦略に関するアドバイスの提供などが含まれます。

現地法人・支店設立

オーストラリアで新たに事業を開始しようとする幅広い業種の日本企業に対し、現地法人・支店設立に関するアドバイスを行っております。具体的には、各種業法規制に関する調査・アドバイス、事業の適切なストラクチャーや会社設立に関する各種リーガルアドバイス、定款その他の法的書類の作成、ASIC(オーストラリア証券投資委員会)への届出などが含まれます。

製造物責任

日本の建設機械メーカーを含む多くの製造業者や保険会社に対し、オーストラリアにおける製造物責任及び製品のリコール等に関してアドバイスを行っているほか、各種製造物責任訴訟において製造業者・保険会社側をサポートしております。

薬事関連

様々な日本の製薬会社に対し、オーストラリアにおける医薬品のマーケティング及び販売に伴う各種法規制に関してアドバイスを行っております。

ホテル・リゾート開発

オーストラリアにおけるホテル・リゾートの買収(既存のリゾート投資の拡大を含む)提案に関し、日本企業に対してアドバイスを行っております。具体的には、環境を含むデュー・デリジェンスの実施、環境関連の承認取得手続に関するアドバイス、買収資金の調達に関する取引文書の作成及び交渉などが含まれます。

訴訟・紛争解決

裁判手続:日本企業側を代理して様々な種類の紛争案件をサポートしております。最近の一例としては、政府環境当局を相手方とした裁判手続を含む各種環境問題の紛争案件に関して、リゾート経営などを営む日系企業を代理しました。具体的には、各種環境問題に関する包括的調査の実施、政府当局に対する戦略の立案と実行に関するアドバイスの提供、政府当局との交渉、政府環境省との裁判を含む各種手続の代理追行などが含まれます。

雇用紛争:日本企業側を代理して様々な種類の雇用紛争案件についてサポートしております。最近の一例としては、豪州現地法人の現地採用幹部役員に対する解任・解雇案件があり、具体的には、解雇対象役員に関する雇用権利関係の秘密調査、解任・解雇に向けた戦略の立案と実施・立会いなどの業務を行いました。

債権回収:支払不能に陥って管財人(アドミニストレーターやレシーバー)の管理下に置かれたオーストラリア企業に対する債権の回収案件に関して、日本の大手金融機関や製造業者を代理しています。具体的には、管財人管理下に置かれた現地企業の経営状態の調査、管財人との交渉、債権回収(担保実行を含む)に関する戦略の立案と実施、債権者集会への代理出席サポートなどが含まれます

冊子・セミナー

クレイトン・ユッツ法律事務所は、オーストラリアにおける事業機会を求める投資家や事業者の方々のために、以下の冊子を作成しています。

オーストラリアにおけるビジネス展開 」(2017年)

また、当事務所は、これまでに、日本貿易振興機構(JETRO)や石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などの日本の政府関係機関からの要請により、日本の依頼者の方がオーストラリアにおいてビジネスを行う上で有益な情報を提供すべく、以下のような冊子の作成に関与しております。

JOGMECオーストラリアの投資環境調査 2010 」(2011 10月)

JETRO豪州におけるフェアワーク法の概要」(20102月)

JETRO豪州フェアワーク法における実務的留意点[改訂版]」(20143月)

さらに、The Association for Real Estate SecuritizationARES)(一般社団法人不動産証券化協会)の機関紙であるARES不動産証券化ジャーナルにおいて、豪州の不動産法制度の概要を解説したものとして、以下の記事を寄稿しています。

豪州の不動産法制度と日本からの投資」(「ARES不動産証券化ジャーナル」Vol.39 - 20179月・10月号)

また、当事務所は、JETROJOGMECなどの日本の政府関係機関、在日オーストラリア大使館、在ブリスベン日本国総領事館、シドニーやメルボルン、ブリスベン、パースなどのオーストラリア各都市における日本商工会議所などの協力のもと、オーストラリアでのビジネスに実際に関与されている、または関心のある日本の依頼者の方を対象に、資源・エネルギー、会社法、M&A、独占禁止法、労働法、製造物責任法、代理店規制、外国投資規制、先住権問題などの様々な分野にわたり、以下に掲げるような、数多くのセミナーを開催しております。

オーストラリアでの新エネルギー開発の事例と課題 (PDF 1.8MB)200611月)

豪州ウラン事情 (PDF 108.2KB)20078月)

ウランに関する日豪関係の現状と問題点について (PDF 331.6KB)200810月)

豪州鉱業投資セミナー(外国投資規制・独占禁止法など) (PDF 476.4KB)200810月) 

Global Carbon Capture and Storage Instituteメンバーシップ取得に係る法的留意点 (PDF 291KB)20095月)

オーストラリア独占禁止法とそのリスク (PDF 326.2KB)20095月)

オーストラリア法に基づく会社Directorの義務と責任 (PDF 333.5KB)20099月)

オーストラリア排出権取引法案と再生可能エネルギー強制目標制度の改正 (PDF 1.2MB)200911月)

豪州代理店保護法制-フランチャイズ行動規約を中心に (PDF 408.2KB)200911月)

豪州におけるフェアワーク法の概要 (PDF 722.6KB)20103月)

豪州法における製造物責任リスクへの対応 (PDF 1.6MB)20105月)

オーストラリア北部準州に対する投資 (PDF 1.4MB)20109月)

北部準州における投資とビジネス (PDF 1.4MB)201011月)

豪州における競争入札による買収プロセスの法務と実務 (PDF 309.1KB)201011月)

豪州フェアワーク法における留意点 (PDF 881.7KB)20125月)

クィーンズランド州におけるCSG-LNG 法的観点の概観 その特徴と強みについて (PDF 828.7KB)2013年、日本エネルギー学会、天然ガス部会・資源分科会シンポジウム)

新政権下における新しい投資環境とビジネス機会 (PDF 196KB)20139月、主催:オーストラリア・クィーンズランド州政府、一般財団法人海外投融資情報財団、後援:株式会社国際協力銀行)

ジョイントベンチャー契約・管理の実務 (PDF 864.9KB)201312月、シドニー日本商工会議所主催)

最新のオーストラリア労働法制事情 (PDF 430KB)2014年、シドニー及びブリスベンの各日本商工会議所主催)

オーストラリア会社法概説-日本法との相違点を中心として(PDF 787.9KB)2014年、シドニー日本商工会議所主催)

オーストラリア農業投資セミナー:豪州農業分野への投資の法的側面(PDF 371.8KB)201510月、オーストラリア・クィーンズランド州政府駐日事務所主催)

オーストラリア石炭投資促進セミナー:最近の炭鉱権益取得案件の特徴と注意点~1ドルでの炭鉱取得に際して検討すべき重要事項(PDF 899.8KB)201510月、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)主催)

オーストラリアの外資投資法制の改正 (PDF 2.33MB)201512月、シドニー日本商工会議所主催)

豪州M&A取引実務 (PDF 571.3KB)20168月、ブリスベン日本商工会議所主催) 

豪州M&A取引実務(PDF 678.4KB) 20174月、シドニー日本商工会議所主催)

 

ニュースレター

お問い合わせ

当事務所の日本プラクティス・グループのサービスに関するお問い合わせについては、下記の連絡先までご連絡ください。

T: +61 7 3292 7599 (日本人スタッフが対応致します)

E: Japan.group@claytonutz.com

Get in Touch

Get in touch information is loading